池袋駅東口より歩いて3分 1F~3Fまで約70台展示のベッド専門店

ベッド下を有効活用しての上手に収納しよう

ベッド下を有効活用しての上手に収納しよう

物が多くて困る!でも収納スペースがない……そんなときには、ベッド下のスペースを収納場所として活用してみてはいかがですか?今回はベッド下の活用方法について紹介します。

ベッド下収納のメリット

ベッド下には、かなり広いスペースがあり、ここを収納スペースとして使うことができれば、部屋を広く、有効に使うことができるでしょう。しかも、あまり見えないスペースなのでインテリアの邪魔にもなりません。

収納するときのポイント

ベッド下に収納スペースを作るときには、ベッド下に適した収納ケースを選ぶようにしましょう。引き出し式、キャスター式など用途によって選びます。引き出し式ならベッドの奥行までの広い収納スペースを確保できますが、頻繁に使うものは奥にいれないようにしましょう。重いものならキャスター付きが便利です。
また、ホコリ対策にフタ付きのケースにしましょう。ベッドの下にものを入れると、湿気がこもりやすくなるので、湿気対策もお忘れなく。これを忘れると、マットレスや、収納したものにカビが生えてしまいます。

ベッド下には何を入れる?

ベッド下には、どうしても増えがちなものや収納スペースに困るものを入れるといいですね。例えば、衣類や靴などを収納するときのポイントとしては、湿気対策をしっかりしておく必要があるということです。ベッド下は湿気がこもりやすいので、カビやすい環境になっています。そのため、大切な衣類や靴の収納は避けた方がいいでしょう。頻繁に出し入れするならその都度換気ができるので、よく使うものを収納するのがおすすめです。どうしてもあまり使わないものを収納するときには湿気対策を万全にしましょう。本、CD、DVDなどかさばるものも、ベッド下に収納してしまいましょう。本は日光による変色を抑えられるため、ベッド下収納に向いていますが、カビが生えないように湿気対策をしてくださいね。
そのほかに、子供用のおもちゃをベッド下に収納するのがおすすめ。大き目のキャスター付きの箱を用意し、その中におもちゃを入れて収納すれば、子供でも簡単におもちゃをしまうことができます。

収納付きベッドだとよりすっきり

収納付きのベッドだと見た目もよりスッキリと収納することができます。スキー板やゴルフバッグなどの長物を収納できるようなスペースが作られているものもあり、収納スペースはかなり大きなものも。その場合は、中に入れるものによっては仕切りなどを使うとより良いでしょう。部屋の収納スペースが少ない場合は、2段の引き出しがあるものなど収納力のあるベッドがおすすめです。ロフトベッドにすれば、ベッドの下をクローゼットにすることもできますし、下にデスクを置いて勉強スペースにすることもできますので、部屋が狭い場合には検討してみてください。

ベッド下はとても便利な収納スペースです。有効活用をして、部屋をスッキリさせましょう。